賞味期限

キャットフードを利用する時の注意

キャットフードを利用する際、どんなことに気を付ければよいでしょうか。
まずは、アレルギー表示です。
それぞれの犬や猫の持っている、特定のアレルギー反応を示す成分が入っていないものを選ぶべきです。
できれば、アレルギー対応表示があるキャットフードを選びましょう

次は、キャットフードの保存に関してです。
基本的に固形、ドライタイプのキャットフードはある程度の保存が効きますが。
魚や肉の切り身そのものが入っている商品は、腐りやすいという特徴があります。
ですから、基本的には、購入してあまり時間をおかずに猫に与えるのが正解です。

猫も私たち人間と同様、摂取する栄養分にバランスが取れている方が良いでしょう。
ですから、与えるエサも同じものばかりではなく、バランスのとれた与え方をするべきです。
特に、猫が必要とする栄養素を豊富に含んだ、しかも無添加のキャットフードというものが存在します。
そういった栄養が豊富で質の高いものは若干値が張りますが、猫の健康を考えるなら、そういったエサも積極的に摂りいれるべきです。

犬や猫、それぞれにはその体に合ったフードがあるため、あの人はこれを使っているから、うちも!…という考え方は危険です。
ペットに合ったフードを使うようにしましょう。

このページの先頭へ