賞味期限

キャットフードの保存方法の詳細

愛猫のための、キャットフード。
こういったペットのための食事はどのように保存するのが一番良いのでしょうか。

基本的に、購入してきたエサはすぐに与えて、あまり長期間保存しないことが一番良いです。
ドライフードであればいいのですが、肉や魚の切り身を使用したフードは保存に適していません。
賞味期限などに関わらず早目に与える方が良いでしょう。

それでもドライタイプ、またウェットタイプのキャットフードを保存したい場合は、冷凍を用いましょう。
単に冷凍室に入れるのではなく、カビないように真空状態にしておくのが好ましいです。
猫に与えるものですので、人間が食べるものと同じくらい、細心の注意を払いましょう。

ドライタイプのキャットフードを保存する際は、賞味期限を気にすると思いますが、そもそもあまり賞味期限が長いタイプのキャットフードは、保存料を多く用いている可能性があります。
ですから、できるだけ防腐剤などの保存料を用いていないもの、賞味期限が長すぎないものを選ぶなら、より猫の健康を重視したフードの選び方ができるでしょう。

また、あまり安すぎる商品も考え物です。
ペットフードに関する規制は厳しくなっていますが、やはり海外産のものには不安が残るのが現状だからです。

このページの先頭へ